この記事は約4分で読むことができます。

お金をもっと大事に使いましょう!という事で「格安SIM」の一覧を作ります。このページを見れば今どの格安SIMがお得なのかが一発で早わかり!スマホ代金で消耗してませんか?月1万のスマホ料金を月2000円程度に抑える事が出来るんです。

格安SIMは覚えておかないと絶対に損しますよ♪

楽天モバイル

楽天モバイル-rakuten mobile

楽天モバイル料金プラン
「格安SIM利用シェアNo.1!5分以内無料通話オプションあり!」

データSIM: 525円
通話SIM: 1,250円
通信速度
最大225Mbps
使用回線
ドコモ
人気度⇒★★★★☆ 最安月額料金 ⇒ 1年目\1980円~/
通信速度最大1Mbps使い放題+国内5分間掛け放題

楽天モバイル

maineo(マイネオ)

maineo(マイネオ) 人気NO1の格安スマホ

maineo(マイネオ) 人気NO1の格安スマホ
「ドコモとauのダブル回線で使えるエリアとスマホが豊富!」
データSIM: 700円
通話SIM: 1,310円
通信速度
最大225Mbps
使用回線
「ドコモ」または「au」
人気度⇒★★★★★ 最安月額料金 ⇒ 1年目\1310円~/
au回線使用で最大15,000円割引。

月々1,310円(税抜)から!10分かけ放題も!スマホそのままで

UQ MOBILE(ユーキューモバイル)

UQ MOBILE(ユーキューモバイル)UQ MOBILE(ユーキューモバイル)格安料金表

「安定のネット環境!スマホ+ネット+無料通話のぴったりプランが人気!」

データSIM: 980円
通話SIM: 1,680円
通信速度
最大150Mbps
使用回線
「au」
人気度⇒★★★☆☆ 最安月額料金 ⇒ 1年目\1980円~/
この価格でネットも無料通話もコミコミプラン♪

格安スマホならUQ mobile

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)

「IIJmioは品質に定評あり。ドコモ回線とau回線のプランが選べる」

データSIM: 900円
通話SIM: 1,600円
通信速度
最大225Mbps
使用回線
「ドコモ」または「au」
人気度⇒★★★★★ 最安月額料金 ⇒ \1880円~/
この価格で「スマホ本体」+「かけ放題」+「データ通信料」

格安SIMが3GB月額900円から/IIJmio

Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)Y!mobile(ワイモバイル)格安料金表

「安定のSOFTBANKグループ+10分以内の通話がすべて無料!」

データSIM: 1,980円
通話SIM: 2,980円
通信速度
最大225Mbps
使用回線
「Y!mobile独自回線」
人気度⇒★★☆☆☆ 最安月額料金 ⇒ \1480円~/
この価格で「本体代金もコミコミ」

ワイモバイルをあなたの手に

LINE MOBILE(ラインモバイル)

LINE MOBILE(ラインモバイル)

LINE MOBILE(ラインモバイル)

「全プランLINEが使い放題!」

データSIM: 500円
通話SIM: 1,200円
通信速度
最大300Mbps
使用回線
「ドコモ」
人気度⇒★★★☆☆ 最安月額料金 ⇒ \1200円~/←「月額基本料がこの価格」

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

DMM MOBILE(ディーエムエムモバイル)

DMM MOBILE(ディーエムエムモバイル)

DMM MOBILE(ディーエムエムモバイル)

「圧倒的なコスパならDMMモバイルにきまり!」

データSIM: 440円
通話SIM: 1,140円
通信速度
最大300Mbps
使用回線
「ドコモ」
人気度⇒★★★★★ 最安月額料金 ⇒ \1910円~/←「5GBのネット+通話」で驚きの価格!

【DMMモバイル】加入するなら今がチャンス

BIGLOBE MOBILE(ビックローブモバイル)

BIGLOBE MOBILE(ビックローブモバイル)

BIGLOBE MOBILE(ビックローブモバイル)

「BIGLOBE MOBILEならSIMの差し替えだけでOK!」

データSIM: 900円
通話SIM: 1,400円
通信速度
最大262.5Mbps
使用回線
「ドコモ」
人気度⇒★★★★★ 最安月額料金 ⇒ \1910円~/←「スマホ本体そのまま」で最安600円~!(音声通話3GB)

格安スマホは、安心のBIGLOBEモバイルで♪

LIBMO(リブモ)


「初期費用3000円⇒0円」

データSIM: 480円
通話SIM: 1,180円
通信速度
最大225Mbps
使用回線
「ドコモ」
人気度⇒★★★★★ 初期費用や10分かけほプランが850円⇒350円に1年値下げキャンペーン中

TOKAIグループの格安モバイル【LIBMO(リブモ)】

TONE MOBILE(トーンモバイル)


「料金プランはシンプルでわかりやすく、月額1,000円~の1つだけ。「利用料金にTポイントがつく」「TSUTAYAのCD/DVDレンタル毎月1枚無料」など、”T”のスマホならではのお得なサービスが充実。」

データSIM: 362円
通話SIM: 700円
通信速度
最大600Mbps
使用回線
「ドコモ」
人気度⇒★★★★★ 全国TSUTAYAでメンテ可能!通信速度が早い!

月額1000円 無料で何でもサポート はじめてにやさしいスマホ【TONE】

格安SIM・格安スマホを比べる時のポイント

格安SIM・格安スマホをどれにするか迷う時はまず自分ライフスタイルをしっかりと把握する事です。ネットが中心なのか?それとも通話が中心なのか?両方使うのかですね。正直最安料金はあまり変わりません。特にオススメなのは「maineoマイネオ」さんです。都内で使っていてちょっと使いにくい時間帯は平日のお昼位で夜なんかは東京でもストレスフリーで使えます。また僕のプランは「データ通信6GB」+「10分掛け放題」プランで「月/2500円」程度です。

今使っているスマホ本体を使いたい場合

docomoユーザーやauユーザ―の方は特にお得ですが、ドコモやauの人はSIMロック解除をしなくてもSIMカードの指し変えのみですぐに格安SIMを使えます。端末買い替えやSIMロック解除が必要ない格安SIMを選ぶことで費用を大きく抑えることでできるのです。

電波エリア・通信速度で比較する場合

格安スマホはちゃんと電波がつながるのか?通信速度は大丈夫なのかと気になる方も多いと思います。実は、電波がつながることと通信速度は少し事情が違っています。

電波エリアは大手キャリアと同じ!心配無用!

格安SIMは大手キャリアの回線を利用して運営されているため、電波エリアは大手キャリアと全く同じです。格安SIMの電波エリアはどこの回線を借りているかに影響されます。例えば、楽天モバイルはドコモ回線で運営されているため電波エリアはドコモと同じです。mineoの場合はドコモ回線をau回線の両方を提供していますが、どちらのプランを選択するかで電波エリアが変わります。

通信速度は会社によって全然違う!?

電波エリアに関してはどこの格安SIMでも大差ないのですが、通信速度は会社によって大きく異なります。これは、格安SIMを提供するMVNOがどれだけの回線をキャリアから借りているかによって変わります。キャリアから借りてる回線量に対して、利用者が多いと通信速度は遅くなってしまいます。

スマホをSoftBankに乗り換えを考えている人に朗報!即日5万円キャッシュバックです!