今回はApple社の公式に発表されているバッテリーを長持ちさせる方法をご紹介です!

最新のソフトウェアにアップデートする。

Apple社のソフトウェアのアップデートには先進的な節電技術が含まれている事が多々あります。アップデートする事でバッテリーが長持ちする事が多いです。

①設定 ↓
②一般を選択 ↓
③一覧にあるソフトウェアのアップデートを選択

温度管理が大切

特にOA機器全般に言える事ですが、0度~35度程度で一番良く稼働するようになっています。もっとも最適な温度は16度~22度程度となります。特に気を付けなければいけない事は35度を超える温度の中でiphoneを使う事です。使用してしまう事でiphoneのバッテリーに回復不可能な損傷を与えてしまい、一回の充電における稼働時間が短くなります。周囲温度が高い所での充電は、さらに深刻なダメージを与える事になりますので注意しましょう。

夏場車にiphoeを置きっぱなしになると温度が異常上がるため、iphoneの劣化の原因となりますね。

充電中はケースを外す。

特定のケースに入れたまま充電すると過度の熱が発生し、バッテリー容量に影響を及ぼします可能性があります。充電中にiphoneが発熱したらケースは必ず外しましょう!