この記事は約2分で読むことができます。

今週も書きます!「今さら聞けないシリーズ」。今日はMVNOです。格安スマホや格安SIM界隈を調べている人は多少聞いた事あるかもしれませんね。

今さら聞けないMVNO(エムブイエヌオー)とは?

Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略となります。

MVNO(エムブイエヌオー)を簡単に説明

要は「格安スマホ」や「格安SIM」の事と思ってください。MVNOは大手キャリアから通信回線を間借りして、そこからさらにユーザーに回線を契約している要は格安回線の事です。

ここで格安スマホをおさらい

格安スマホは以下の組み合わせで格安スマホとなる事を前回ご説明しましたね。

 

この、格安スマホを使う上で使う回線がMVNOとなります。

MVNOのメリットとデメリット

MVNOは大手キャリアから通信回線を借りて、そこからさらにエンドユーザーに回線を貸します。これがMVNOです。

MVNO(格安スマホ)が劇的に安く出来るのはコレの為です。

だってアンテナ基地とかを立てたり補修したり大手キャリアのような店舗を構えて人件費を使う必要が全くないんです。だから激安なんですが、注意しなければいけないのが回線速度ですね。要は間借りなので幾ら大手キャリアの回線が空いているからと言って通信が劇的に良いとは限りません。言い方を変えると人口の多い所ややはり不利なイメージがあります。

格安SIMの知恵袋!厳選格安SIMで家計をもっと楽に!スマホ料金グッと抑えましょう!

では地方の方が良いの?

僕の見解では東京は向かないのでは?と少しだけ思っています。が.その分地方が大分格安スマホには向いていると思っています。なので地方に住んでいる方は夜にはそんなにスマホ使わないという人(夜がスマホ使用料ピークなので)でスマホ代が月で7000円も8000円もかかっている人は格安スマホの方が全然いいです。だって月1000円位ですもん。

本気で使える格安スマホは多分数社

その内のダントツ1位が「マイネオ」です。
通常、MVMO(格安スマホ)の通信速度が低いと150Mbpsとなります。ただ、マイネオは通信速度が最大225Mbpsと安定しています。

さらに

「月々データ通信と音声通話込みで1年間410円/月(税抜)~ 」

という破格の値段でスマホが使えるというモンスター格安スマホなんです。

mineoサービスの受賞一覧

画像参照「mineo

①顧客総合満足度 第1位

②iPhone利用者シェア 第1位

③NTTコム オンライン NPS®ベンチマーク調査 モバイル通信サービス部門 第1位

④mazonランキング大賞2016・2017上半期 携帯電話・スマートフォン SIMカード部門 第1位

⑤通信速度部門 優秀賞

実は今持っているスマホ端末そのままに!

mineoならあなたのスマホのままで使える!

データ容量は

①500MB
②1GB
③3GB
④6GB
⑤10GB
⑥20GB
⑥30GB

マイネオを使った友人の話

確かその友人はデータ量5Gかな?と通話を含めて月額1500円程度だそうです。ちょっとびっくりしたので覚えてます。で、実際MVNOってつかってみてどうなの?と気になるので聞いたら、平日の昼は結構重いそうです。ただ、その解消法として彼はWifiを持っているのでむしろWifiを持っていればデータに関しては全く問題ないとの事。で平日の夜とか週末はそこまで重さ感じないですよ~と言ってました。

てことはですよ。スマホ代は月額1500円として、Wifiが月額4000円だとするとこれでも5500円。ちょっと魅力的ですよね。LINEの通話を思い出してほしいのですが、あれってリリース当初は本当に品質悪かったのに今って、普通の電話と全く引けを取らないんですよ。何が良い言いたいかと言いますと、テクノロジーの進化って僕たちが思っている以上に早くすごいんです。

多分格安スマホやMVNOも近い将来大手キャリアのスマホと変わらなくなると思います。どうせなら安いほうが絶対いいですからね。で格安スマホってどこが良いかというと、やっぱりマイネオなんですよね。今の端末そのまま使えてドコモとauの回線が選べるって多分マイネオだけなんです。

まとめ

MVMOが格安SIMであり、格安スマホという事はお分かり頂けたと思います。また、無駄にスマホ代を消費するより、安く済ませられるなら安くする事に越したことはありませんよね。ある調査委では年収1000万円クラスの人で格安スマホを使っている割合が他の年収にくらべて一番多いとか? こうやってお金を持っている人ってさらにお金を貯めるんでしょうね。

 ▼ 関連記事 ▼